素敵なご夫婦に出会えました

素敵なご夫婦に出会えました

理想の結婚ってなんでしょうか?私にとって、理想の結婚は、共通の目標をもって、長く添い遂げられる夫婦です。

おじいちゃん、おばあちゃんになってもラブラブでいたいということではありません。ドライなようですが、恋愛感情はいつか冷めます。

夫婦になって一緒に暮らすと、生活や子供の世話に追われてしまうからです。歳を重ねるごとに、子供の問題やお金のやりくり、親の介護問題などが噴出してきます。

そんな時、共通の趣味や目標があると喧嘩しながらも、結局は丸く収まっていきます。理解しあえる登山や音楽など、何か一つ共通項がある夫婦は、自然と、長続きしているようです。

夫婦の傾向をなぜ語れるかというと、大学院で研究をしてきた時に、80人以上の老夫婦にインタビューをしたからです。

若い時に大恋愛の末、駆け落ちまでして結婚した2人が、うまくいっている訳ではない現実がありました。

逆に共通項がある夫婦は、互いの弱点をカバーしあいながら穏やかな生活を築いていました。登山家の老夫婦がいい例でした。

登山が一番に優先されるので、夫婦生活のルールはシンプル。「同時期に山に行かない。どちらかが家にいること」でした。

ちなみに、山に行きたい時期が重なった時は早い者勝ちだそうです。なので、育児・家事の分担は、当たり前で、山に行かない方がするというシンプルすぎるルール。

旦那さんに「奥さんに家にいてほしいとかなかったんですか?」と聞くと、「僕も山が好きだから、行くのやめろなんて言えないよ」と笑っていました。

高齢の男性に珍しく、料理や掃除が好きで、育児までの得意だそうです。旦那さんいわく「家事分担っていうけど、わざわざしなくても、我が家は昔から分担性。それに力のある男の方が、掃除も育児も向いてるよ。」とのこと。

すごいなぁと思って聞いていると、後で奥さんがこっそりと教えてくれました。家事や育児は最初、ひどかったそうです。家に帰ると多分苦労したんだろんなぁという痕跡が、あちこちに残っていたそうです。

それでも文句ひとつ言わず、おかえりと出迎えてくれたそうです。今でも心に残っている素敵なご夫婦です。彼らのように、末永く続いていく良い夫婦関係を、私も築いていきたいです。

ケノン脱毛器脱毛器

カレーに入れるのは何の肉?

カレーに入れる肉って、かなり好みが別れるんですよね。鶏、豚、牛。あの肉じゃないと嫌だ! というこだわりを持つ人もいるくらいですから。

あるとき、うちの息子が友だちの家でお泊り会を催した際に、カレーをご馳走になったんです。そのお宅のカレーは牛肉の大きなブロックに肉を使用していたため、息子は大いに驚いたと言っていました。それもそのはず。我が家のカレーはいつも薄切りの豚肉を使用していますから。

うちのカレーは、豚肉を使用します。かみさんが、豚肉好きなんですよ。昔から豚肉を使用したカレーを食べてきたとのことで、それ以外の肉を使用はありえないのだとか。

そんなかみさんのカレーを家族みんな大好きではありますが、実のところ豚肉よりも鶏肉を使ったカレーの方が私はお好みなんですよね(笑)

私の親は特にカレーの肉に拘ることなく毎回色々作ってくれていました。たまに肉無しの野菜カレーというときもありました。茄子やトマト、ズッキーニが入った、欧州の田舎料理みたいなカレーです。その野菜カレーも好きでしたが、一番は鶏肉を使用したインド風のカレーだったんです。

この鶏肉を使ったインド風カレーが一番好きで、たまにかみさんの変わりに私がカレーを作るときは、絶対にこのカレーです。しかもいつも作っているカレー鍋より大きな鍋を使って大量につくります。つくったら1日3食続けても最低2日はそのカレーです(笑)

いつもは豚肉で、たまに私が鶏肉。これが我が家のカレーサイクルだったのですが、息子が牛肉カレーの味を知ってそれが美味しかったものですから、それもサイクルに加わってしまいました。

私もかみさんも牛肉カレーはどちらかというと苦手です。肉が堅くてどうも駄目なのです。じっくりことこと煮込めば柔らかくなるのでしょうが、そんな時間家庭料理にはありませんからね。

でも、「肉は歯ごたえがあるほうがいいじゃん!」といって息子はせがんでくるので、かみさんもつくらないわけにはいきません。おまけに、上のお姉ちゃんまで牛肉カレーの方が好きというものだからなおさらです。

私は鶏肉。かみさんは豚肉。子どもは牛肉。もう面倒なんで肉はカレーとは別に炒めておいて、後から好きなのを投入するシステムに変えたほうが良さそうです。ま、食費が嵩むんでかみさんに却下されると思いますが(笑)

オーリス